BLOGブログ

2018年06月22日

食品を分類で考える

ブログ

人間のからだは、その人が食べたものによってつくられます。したがって、よりよいパフォーマンスを目指すなら、充実した食事が欠かせません。

 

 

ここでいう充実した食事とは、運動に必要なエネルギーや栄養素がしっかりとれる、バランスのいい食事ということです。

 

 

そうはいっても、どの栄養素を1日に何グラムとる、といったことまで考えなくても大丈夫です。毎日いろいろな食品を食べていれば、必要な栄養素はおのずとまかなうことができます。

 

 

しかし、人には好きなもの、苦手なものがあるため、いろいろなものを食べているようでも、実は偏りがあるということもあるでしょう。

 

 

そこでおすすめなのが、食品を大まかに分類してバランスをとる方法です。
具体的には、肉類・魚介類・卵類・豆類などのたんぱく質源、油脂類、穀類、野菜類、海藻、きのこ類、果実類という6つのカテゴリーで考えていきます。


 

 

朝食で、穀類と野菜類を食べたら、昼食ではたんぱく質や海藻をプラスするというように、いろいろなカテゴリーから食品を選ぶのです。

 

 

毎食ごとにバランスのいい食事を用意できなくても、1日3食かけてすべてを網羅できれば、その日はバランスよく食べられたことになります。

 

 

仕事や学業などで忙しい時期は、食生活そのものが不規則になるため、実践できないこともあると思います。そんな時は週末だけでも続けてみて下さい。

 

 

また、食品の栄養というと、ごはんなら糖質、お肉はたんぱく質というように考えがちですが、実際には単独の栄養素でできている食品というのはありません。

 

 

ごはんなら糖質のほかにたんぱく質や微量ながらビタミン、ミネラルなどが含まれています。豚肉は、たんぱく質のほかにもビタミンBやビタミンB12が豊富です。
そして野菜にも糖質は含まれています。

 

 

栄養素はお互いに協力して働くものなので、いろいろな食品を食べていれば、自然と栄養のバランスはとれるものなのです。

 

 

さらに、旬の食品にはその時期にしか味わえないおいしさがあります。栄養はサプリメントなどに頼らず、食事を楽しみながらとりたいものです。

 

 

『ブリッジ』は大阪市、堺市を中心に大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション」「出張パーソナルトレーニング」のサービス展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!

 

 

ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636