BLOGブログ

2018年07月07日

『サプリメント』は栄養補給の中心ではない

ブログ

栄養管理をしっかり行うために、サプリメントの利用を検討している人もいるかと思います。
サプリメントは、特定の栄養素を手軽にとれる健康食品として、さまざまなメーカーから多様な商品が販売されています。

 

 

しかし、アスリートの栄養補給は食事が基本です。サプリメントはあくまで限定的に取り入れましょう。

 

 

栄養素にはそれぞれ役割があります。よく「ビタミンは◯◯に効果がある!」などと、その効用がクローズアップされることがありますが、からだにいいからといって、それだけをたくさんとればいいというわけではありません。

 

 

栄養素には、それぞれ摂取量の上限があります。

 

 

それを示すものとして厚生労働省では、過剰摂取による健康被害を起こすことのない、栄養摂取量の最大値について、ガイドラインを定めています。

 

 

たとえば、が欠乏すると鉄欠乏症になりますが、とりすぎると胃腸に障害をきたしたり、肝機能の低下を招くこともあるようです。

 

 

食べ物から栄養をとっている場合は、よほどのことがない限り過剰摂取になることはありませんが、一般的なサプリメントを使用する場合には、こうした上限の値についても知っておく必要があるでしょう。

 

 

食べ物とサプリメントの大きな違いは、含まれる栄養素の種類と量です。
食べ物にはさまざまな栄養素が少量ずつ含まれていますが、サプリメントには特定の栄養素のみ含まれているものがほとんどです。

 

 

本来は、毎日の食事で少しずつとっていく栄養素も、サプリメントでは一度に大量に摂取することができるのです。

 

 

このことは、ひとつの栄養素のことだけを考えるなら、効率的にとれるようにも感じますが、同時に、体内の栄養バランスを崩してしまう可能性もはらんでいます。

 

 

たとえばビタミンやミネラルは、体内で複数の栄養素が絶妙なバランスを保ち、影響し合って作用しています。
どれかひとつが極端に増えると、別の栄養素が吸収されなくなる、ということが起こることもあります。

 

 

サプリメントが食事をさしおいて主役になることはあり得ません。
特別な事情があり、食事ではどうしてもまかなえない栄養素がある場合に、利用するものだと心得てください。

 

 

 

【ダイエタリーサプリメントとエルゴジェニックエイド】

 

アスリートに向けたサプリメントは「ダイエタリーサプリメント」「エルゴジェニックエイド」の2種類に分類されています。

 

 

「ダイエタリーサプリメント」とは食事ではとりきれなかった栄養素を補給する役目を担うサプリメントで、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養補助食品となります。

 

 

「エルゴジェニックエイド」とはスポーツ選手の運動能力に関わる可能性を持った栄養素や成分のことを指します。

 

 

「エルゴジェニックエイド」に関しては、ドーピングの禁止薬物が入っていることもあるので、通常のサプリメント以上に注意が必要になります。

 

 

アスリートとして、睡眠や食事の正しい知識を持っており、アドバイザーの管理のもとで使用するものだと心得て下さい。

 

 

 

『ブリッジ』は大阪市、堺市を中心に大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション」「出張パーソナルトレーニング」のサービス展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!

 

 

ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636