BLOGブログ

2018年08月13日

『ヒートショック』とは

ブログ

こんにちは、『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション・出張パーソナルトレーニングの橋本です。

 

 

この記事では、『ヒートショック』について説明をしています。

 

 

『ヒートショック』とは、急激な温度の変化によって体がダメージを受けることです。

 

 

私たち人間の体は、暖かい場所から寒い場所へ移動すると、熱を逃がさないよう血管が収縮し血圧は上昇します。
逆に寒い場所から暖かい場所へ移動すると、血管が拡張して血圧が低下します。

 

 

こうした変化は急激であればあるほど、体が受けるダメージも大きくなります。血管がもろくなった高齢者や、高血圧症や心肺の慢性疾患を持った方は、特に注意が必要です。

 

 

日常生活でヒートショックが起こる代表的なケースは、冬期の入浴です。

 

裸になって寒い浴室に入ると血圧が上昇し「脳出血」の危険が生じ、ゆったりと湯舟に浸かっていると血圧が低下し、さらに発汗作用で水分が失われ「脳梗塞」「心筋梗塞」の危険が出てきます。浴槽内であれば溺死などの事故につながってしまいます。

 

 

専門家は、ヒートショックの防止には、浴室の温度を上げ、暖かい居間などとの温度差を少なくすることが必要であると指摘しています。

 

 

また昨今、日本では激しい猛暑が続いています。
クーラーが効きすぎた涼しい(寒い)家の中から、猛暑の屋外へ出るのも血圧低下を招く恐れがあります。

 

 

高齢の方は、あまりに外の気温が高すぎる場合には、暑い時間帯の不必要な外出は控えた方がいいでしょう。
この頃は一日中クーラーは必要ですが、クーラーの設定温度を低くしすぎないことも大事です。

 

 

また、『ブリッジ』の「自費訪問リハビリテーション」では、猛暑真っ盛りの夏の訪問時に、扇風機だけで全くクーラーがついていない場合もたまに見受けられます。
「熱中症」も命に関わるので、そんな時は迷わずクーラーの使用をアドバイスしています。
電気代より命の方が大切なのは明白です。

 

 

訪問リハビリは「安否確認」や「健康管理」の側面ももっていると思います。

 

ご両親(ブリッジのご利用者様)が遠方に住んでいて、頻繁に様子を見に行くことができない家族様は、「安否確認」や「健康管理」の意味でも『ブリッジ』の「自費訪問リハビリテーション」をご利用していただいているケースもあります。

 

 

『ブリッジ』は大阪市、堺市を中心に大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション」「出張パーソナルトレーニング」のサービス展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!

 

 

ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636