BLOGブログ

2018年08月31日

エレベーターの『車いすマークボタン』について

ブログ

こんにちは、大阪を中心に事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション・出張パーソナルトレーニングの橋本です。

 

 

この記事では意外と知られていない『エレベーター』車いすマークが付いているボタンの機能について説明をしています。

 

 

介護施設だけでなく、ショッピングモールやホテルのエレベーターなどにも車いすマークボタンはついています。
このボタンの機能については知らない人もいるのではと思いますので、是非参考にして下さい。

 

 

【車いすマークボタンの特徴】

 

1)エレベーター扉の開閉時間

一般的にエレベーターの扉の開閉時間は3〜5秒程度だとされていますが、車いすマークボタンを押すと10秒程度と、開閉時間が長くなります。

 

 

2)到着するエレベータの違い

車いすマークボタンを押すと、内部に鏡がついたエレベーターが到着します。
エレベーター内に鏡が付いている理由は、車いすで乗車してエレベーター内で回転することができず、後ろ向きでエレベーターから出る際に後方確認をするためです。

 

 

恥ずかしながら、私はこの仕事を始めてから車いすマークボタンの機能を知りました。
皆様はいかがでしたか?

 

 

 

『ブリッジ』は大阪市、堺市を中心に大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション」「出張パーソナルトレーニング」の事業展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!
ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636