BLOGブログ

2018年11月13日

『写真撮影の技術』

ブログ

こんにちは、大阪市・堺市を中心とした大阪府全域で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。

 

 

今回のブログでは、「リハビリテーション」や「パーソナルトレーニング」には直接関係のない『写真撮影』のことを書いています。

 

 

今回『ブリッジ』の「事業所ロゴ」をbluemoonの林さんにお願いしています。
林さんは広告デザイナー&カメライター&イラストレーターをされています。

カメライターのネーミング、素敵ですね。

 

 

そしてロゴ作成と一緒に「名刺」のデザインもお願いしています。
私の写真は良いカメラで林さんに撮影をしてもらったのですが、『ブリッジ』のスタッフの写真は私が撮影するということになりました。

 

 

普段何気なく撮っている「写真」ですが、いざ名刺用の写真を自分で撮影するとなると全然上手く撮れません。
まあ写真の素人なので仕方ありませんが。

 

 

実際に写真撮影をしてもることで様々な技術や知識がいることを思い知らされました。

 

・特に男性は顎が上がっている状態だと偉そうに見えてしまうので、顎は引く。

 

・壁にピッタリと背中を近づけてしまうと影ができてしまうが、一歩前に出れば影ができない。

 

・スマートフォンやタブレットで撮影する際は、画像サイズの設定を確認する。
(KBではなくMBで撮影する)

 

などなど

 

 

林さんに色々と教えてもらいました。
写真の世界は奥が深いです。
カメラマンがシャッターを切るあの瞬間に、いろんなテクニックが詰まっているんですね。
とても勉強になります。

 

 

そして私の写真(名刺)だけプロに撮ってもらったので、いい仕上がりになりそうです。
スタッフの皆さん、すいません。

 

 

『ブリッジ』は大阪市・堺市を中心とした大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)」「出張パーソナルトレーニング」の事業展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!

 

 

 

ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636