BLOGブログ

2018年11月28日

ブリッジの『自費リハビリ』と訪問マッサージとの違い

NEWS ブログ

こんにちは、大阪市・堺市を中心とした大阪府全域で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。

 

 

訪問リハビリ(自費リハビリ)をしていて、ご利用者様から「リハビリ(『ブリッジの自費リハビリ』)と整骨院(訪問マッサージ)と何が違うんですか?」と聞かれることがあります。

 

 

聞かれたときは、まず「技術」が違いますとお答えしています。

 

 

ブリッジのセラピスト(理学療法士:PT、作業療法士:OT、言語聴覚士:ST)は全員がリハビリテーションの国家資格保持者です。

 

 

医療職として、病院や施設、訪問リハビリでの経験を積んだブリッジのセラピストは、関節を動かす「技術」動作を介助する際の「技術」リスク管理の「技術」があります。

 

 

関節を動かす際は関節の構成運動を考慮し、極力痛みを出さずに行います。

 

 

歩行練習や動作練習において、リハビリテーション職種は安全にかつ効果的に行うことができます。

 

 

ブリッジのセラピストは、急性期、回復期、維持期のリハビリを全員が経験しているので、どのような疾患にでも対応することができます。

 

ご利用者様がおもちの各疾患に合わせて、適切な運動(リハビリテーション)を行うこともできますし、転倒予防にも十分に配慮することができます。

 

 

また、「技術」に加えて医療職として培った「知識」も豊富です。

 

 

上記の理由により、保険を使うことができない「自費のリハビリ」でも多くのご利用者様、ご家族様、主治医、ケアマネジャー様から選ばれています。

 

 

『ブリッジ』は大阪市・堺市を中心とした大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)」「出張パーソナルトレーニング」の事業展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!

 

 

 

ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636