BLOGブログ

2019年01月21日

『041FASHION』を知っていますか?

NEWS ブログ


こんにちは、大阪市・堺市を中心とした大阪府全域で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。





突然ですが、「041FASHION」を知っていますか?
「041FASHION」は、「障害攻略課プロジェクト」がアパレルブランドで有名な「ユナイテッドアローズ」と連携をして、障害のある「ひとり」を起点にひとりの服のお悩みを徹底的に深掘り、新しい服を発明することを目指したプロジェクトです。





分かりやすく言うと、障害をもっている方でもおしゃれに、着脱がしやすく着心地がいい服をつくる取り組みです。





障害があると、服の悩みはつきません。
低身長・低体重だとちょうどいいサイズがない。
筋力がないと着脱が大変。視覚に障害があるとコーディネートができない。
かろうじて着られる服があってもデザインが良くない。





具体的な例を挙げると、女性の車椅子ユーザーの方は「スカート」を穿くことを諦めている人が結構多いようです。
その理由は着脱の難しさだけでなく、褥瘡の心配もあるからです。





そこで「041FASHION」が発明した新しいスカートが「フレアにもタイトにもなるスカート」です。





ウエストから裾まで縦に伸びる5本のファスナーが特徴で、着脱が楽なのはもちろん、ファスナーを閉じるとタイトになり、開くとフレアスカートになります。





真ん中のファスナーがスカートのセンター位置を知らせてくれる上に、重みでスカートがめくれにくいようになっています。機能性とデザイン性を徹底追及した結果、車いすユーザーではない女性からもオーダーが入っているみたいです。





このように考えに考え抜かれた服がいくつか商品になって実際に販売されています。




「障害攻略課の041FASHION」のホームページはこちら

http://shogai-koryaku.com/projects/041-fashion/



ご自宅で生活をされている方、施設で生活されている方も、このようなデザイン性、機能性に優れた服を選ぶことができれば、さらに毎日が楽しくなるだろうと思います。





気に入った服を着れば、外出をしたくなるかもしれません。





ブリッジも微力ながらこの「041FASHION」を応援、そして広めていきたいと思っています。





そして未来には、「041FASHION」が作っているような障害のある人でも着ることのできる、デザイン性、機能性に優れた服がAmazonでも普通に売られるようになればと思います。





ちなみに「041FASHION」『041』は”ALL FOR ONE”を意味しているそうです。
数字の語呂合わせが良いですね。





『ブリッジ』は大阪市・堺市を中心とした大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)」「出張パーソナルトレーニング」の事業展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!






ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636