BLOGブログ

2019年01月23日

シニアこそ筋トレを

NEWS ブログ


こんにちは、大阪市・堺市を中心とした大阪府全域で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。





筋トレは『生活の質』を高める





昨日の読売新聞に「シニアこそ筋トレ」という記事が出ていました。





「筋肉」は健康寿命を伸ばすカギとされ、ガンや免疫力との関係までも取り沙汰されています。
もし、あなたが何でもないところでつまずくようになったら、足の筋力衰えの黄信号です。





ちなみに心臓も血管も筋肉(平滑筋)からできています。





足の筋力が衰えてしまい、歩くことが出来なくなると車いすの生活になってしまいます。
車いすの生活になると、歩ける時に比べてどうしても生活範囲が狭くなってしまいがちです。





・1人でトイレに行くことも難しくなり、誰かに手伝ってもらわなければならなくなる。





・移動手段が車いすになると、移動に時間がかかってしまい、移動することが面倒になり、あまり部屋から出なくなる。





・以前は普通に出来ていた外出が出来なくなる。





リハビリテーションの用語ではこれを「生活範囲の狭小化」といいます。





また、悪いことに車いすの生活になると、立ち上がったり、歩いたりする機会が減ってしまい、より足の筋肉が弱っていくという悪循環に陥りやすくなります。





読売新聞の記事では、足の筋力を鍛えるためにスクワットが推奨されていますが、スクワットは足のみならずお尻の筋肉(臀筋郡)も鍛えることができるので非常に有効だと思います。





このスクワットですが、動作時の体幹(上半身)の傾きの角度によってつかう(鍛えられる)筋肉が変わるので、フォーム(姿勢)にも配慮をして行います。





スクワットのみならず足の筋肉を鍛える運動方法はたくさんあります。
各自の身体の状態や体調に合わせたトレーニングが重要です。





ご自分でなかなか運動ができない場合は、ジムに通うのも良いですし、ジムに通えない人は『ブリッジ』が行っているような出張パーソナルトレーニングを利用する方法もあります。





『ブリッジ』は「自費訪問リハビリテーション」「出張パーソナルトレーニング」を行っており、「出張パーソナルトレーニング 」予防医療にも力を入れているのでご高齢の方からのご依頼も非常に多いです。





生活の質(QOL)を落とさないように、100歳になっても元気で充実した人生を送れるように、運動は継続していくべきです。





筋肉が出す『マイオカイン』の効果









さて、話は少し変わりますが、「マイオカイン」というホルモンを知っていますか?





このホルモンは若返りホルモンともいわれていて、筋肉から分泌されています。






そして、「マイオカイン」には脂肪分解・糖代謝改善・動脈硬化防止・認知症予防に効果があるといわれています。





この健康を促進してくれるホルモンは特に下半身の筋肉から多く分泌されるといわれています。





このことからも運動は筋力をつけるだけでなく、脂肪分解・糖代謝改善・動脈硬化防止・認知症予防の効果があることが分かります。





こうなると運動をしないという選択肢は無くなると思います。









ブリッジは運動をしたいという皆様のお手伝いを全力でさせていただきます。





『ブリッジ』は大阪市・堺市を中心とした大阪府全域に「自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)」「出張パーソナルトレーニング」の事業展開をしています。
あなたの充実した人生の架け橋になります!






ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636