BLOGブログ

2019年04月26日

装具のチェックは大切です

NEWS ブログ


こんにちは、大阪市・堺市を中心とした大阪府全域で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。









脳卒中による麻痺で装具を使用しておられる方がいらっしゃると思います。
ブリッジから訪問している方でも装具を使用されている方は多くいらっしゃいます。





ご利用者様のお一人は下肢(足)にゲイトソリューション(GSともいわれます)という装具を使用しておられます。





GAIT SOLUTION:GS(ゲイトソリューション)





ゲイトソリューションを使用して期待できる効果





(1)踵接地時に底屈の動きを油圧により制動することにより滑らかな体重移動を可能にする。
(2)なめらかな体重移動により自然な歩容を得ると同時に左右の対称性、バランスのとれた歩容を実現することができる。
バランスのとれた歩容を実現することによりきれいに歩ける、つかれない、歩行速度の増加などの効果を得ることができる。
(3)遊脚相つま先のクリアランス(足関節の背屈補助)を確保することができる。





ゲイトソリューションの大きな特徴の一つに油圧によって、足関節の底屈の動きを制動できるというものがあります。
この底屈制動ができる油圧の程度は簡単に調整することができます。






プラスチック製のゲイトソリューションもあります。










ブリッジのご利用者様は、このゲイトソリューションを数年使用しておられ、屋内・屋外歩行も行なっています。





しかし、ある日「何日か前から歩きにくいんです」との訴えがありました。





そこで身体のチェック(関節可動域や麻痺の状態:筋出力など)を行なってみても普段と変わりなし。
しかし歩行をしてもらうと確かに普段よりも身体に力が入っており、麻痺側の筋緊張が高くなっていました。
歩きづらそうな状態でした。





もしやと思い、装具(ゲイトソリューション)を確認したところ、油圧があまり効いていない感じがありました。
油圧調整のダイヤルを変えても変化はなし。





すぐにゲイトソリューションのメーカーさんにみてもらうと、やはり「油圧があまり効いていない」とのこと。





その後、ご利用者様は新しいゲイトソリューションを作られました。





ゲイトソリューションは足関節部が可動しないタイプの短下肢装具に比べると非常に画期的でとても良い装具です。
ですが、定期的なチェックやメンテナンスは必要ですね。





装具の少しの変化でも歩容(歩き方)に影響が出ます。
我々リハビリテーション職は動作観察・動作分析も非常に重要な仕事です。





ご利用者様の少しの変化にでも気付くことができるか、ということもセラピストの力量になります。










ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636