BLOGブログ

2019年06月06日

『グループリハビリテーション』のご案内

NEWS ブログ


ブリッジでは施設に理学療法士が訪問して行う、認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」を組み込んだ『グループリハビリテーション』も行なっています。





当サービス導入のメリット





・ 理学療法士の(PT)の指導で安全かつ、効果的な運動ができる

・ 費用を抑えて専門家のリハビリが受けられる

・認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」を受けることができる

・入居者様、利用者様の心身の向上が図れる

・多人数で行うので、運動に対しての意欲があがる

・施設内イベントに組み込めるので、施設様の特徴になる





内容





・認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」を組み込んだ運動を行います。

・セラバンドを使用して行います。物品はこちらでご用意いたします。

・椅子や車椅子に座って行える運動を中心に行います。

・参加される方の、状態を確認しながら実施いたします。





「コグニサイズ」とは?





コグニサイズとは国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。英語のcognition (認知)exercise (運動) を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)と言います。Cognitionは脳に認知的な負荷がかかるような各種の認知課題が該当し、Exerciseは各種の運動課題が該当します。





コグニサイズの目的は、運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることです。





訪問施設





デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、小規模多機能、グループホームなど様々な施設様に訪問が可能です。





訪問地域





訪問は大阪府、兵庫県東部に対応しております。





導入について





週1回、隔週、月1回など柔軟に導入が可能です。
詳しい料金や、導入についてご検討中の施設様もお気軽にお問い合わせ下さい。


ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636