BLOGブログ

2019年07月03日

セラピーパテを使った『手指内転』のセルフトレーニング

NEWS ブログ


こんにちは、大阪府全域・兵庫県東部で事業展開をしている『ブリッジ』 自費訪問リハビリテーション(自費リハビリ)・出張パーソナルトレーニングの橋本です。





肘部管症候群やギヨン管症候群などによって起こる尺骨神経麻痺。
尺骨神経麻痺から起こる症状の一つとして手指内転の筋出力低下があります。





この記事では、セラピーパテを使った手指内転のセルフトレーニングを紹介しています。
下の動画をご覧ください。





https://youtu.be/JiJNjsYQDxc





セラピーパテを適当な大きさに取り、丸めて指と指の間に挟み、指と指で押しつぶすように力を入れます。





第1指と第2指、第2指と第3指、第3指と第4指、第4指と第5指というように全ての指で行います。


ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636