ABOUTブリッジについて

ブリッジ

CONTACT
お問い合わせ

ブリッジ

自費訪問リハビリテーション

Rehabilitation

自費訪問リハビリテーションとは、保険外の(介護保険、医療保険を使わない)訪問リハビリテーションです。
リハビリテーションの国家資格を有する理学療法士(PT)や言語聴覚士(ST)が、ご自宅や施設様(介護付き有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・グループホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅など)への訪問を行い、その場でサービスのご提供を行います。
『ブリッジ』には、病院や施設・訪問での勤務経験や、医学的知識も豊富なセラピストが在籍しており、維持ではなく、改善を目的にしたリハビリテーションを皆様へお届けいたします。
リハビリでは、お一人おひとりの症状に合わせた自主的に行える運動や、ご家族様への介助方法のアドバイスも行なっています。
『ブリッジ』の自費訪問リハビリテーションは、脳卒中(高次脳機能障害のリハビリも行います)や整形など疾患を問わずにご利用が可能です。
ブリッジ

グループリハビリテーション

Group Rehabilitation

施設様(サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなど)に理学療法士が訪問して行う、認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」を組み込んだ『グループリハビリテーション』です。

主に車いすや椅子に座ったまま行える運動を実施いたします。
使用するセラバンドなどの物品はこちらでご用意いたします。

《サービス導入のメリット》
・理学療法士の指導で安全かつ、効果的な運動が行えます
・多人数で行うので運動に対しての意欲があがります
・施設内イベントに組み込めるので、施設様の特徴になります

《施設様へ》
大阪府・兵庫県東部に対応しておりますので、料金やサービス導入についての詳細はお問い合わせください。

ブリッジが大切にする

3つのポイント

1

リハビリテーションの国家資格を持ったスタッフが、しっかり対応

『ブリッジ』は、豊富な医療知識と経験を有するセラピストが、維持ではなく改善を目的としてリハビリテーションやトレーニングに従事しております。実際のところ、「パーソナルトレーニング」は医療資格保持者が行っている事業所自体が少ない、というのが現状です。『ブリッジ』のスタッフは、全員が医療の国家資格保持者ですので、医学理論に基づいて安全に、かつ効果的に行うことができます。利用者様が安心して取り組める環境をご提供いたします。

2

自費だからこそ、自由なニーズにお応え

このサービスには、介護保険や医療保険におけるサービスとは違い、回数にも制限はございません。それぞれの方の状態や、リハビリの進度に応じて、柔軟にスケジュールを組むことが可能なのです。
さらに、『ブリッジ』のサービスは、介護保険や医療保険のサービスと併用をすることができます。施設へのショートステイ中のご利用も、もちろん承っております。

3

病院・施設とも、しっかり連携して安心

『ブリッジ』のサービスでご安心いただけるポイントとしては、各機関との連携がしっかりとなされるという部分です。リハビリテーションを開始するにあたり、主治医より「訪問リハビリテーション指示書」を発行していただいているのでリスク管理を徹底しています。「自費訪問リハビリテーション」では、主治医やケアマネージャー様に「リハビリテーション報告書、計画書」を毎月提出しています。施設にご入所されているご利用者様に関しても、施設様との情報交換を万全に行っております。

THERAPIST / TRAINER

セラピスト / トレーナー

ブリッジ
代表

橋本 浩彰

資格
理学療法士(学校保健運動器検診登録療法士)
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級


『ブリッジ』代表の橋本です。
私が2015年にこの事業を始めたのは、「より多くの人に、充実した人生を送ってもらいたい」という想いがあったからです。

「訪問リハビリテーション」は、優先的に介護保険や医療保険を使って行われます。しかし、介護保険の区分支給には限度額(一般的に介護保険の「点数」と言われているもの)があり、その他のサービスで限度に達してしまうことが多くみられます。
また、介護付き有料老人ホームやグループホーム、特別養護老人ホームに入所されている方は、制度上、保険を使っての訪問リハビリが受けられない形態になってしまっているという事情も。
本当は、リハビリを受けたいけれど、受けられない……。そんな状況が、数多く見受けられます。

理学療法士(PT)のリハビリテーションにより、麻痺で動かなかった手足が少しずつ動くようになってくる、立ち上がりや歩行などの動作が向上する、閉じていた目がしっかりと開いてくるなど、実際にお元気になられる方が本当に多くみられます。
言語聴覚士(ST)のリハビリテーションでは、口腔嚥下機能の向上(口や喉の動きを良くする)、食事形態の評価・調整、失語症・構音訓練などを行います。
口から全く何も食べておられなかった方が、デザートなどをお楽しみ程度に食べられるようになることは少なくありません。

また、予防医療の取り組みとして施設(サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、デイサービスなど)に理学療法士が訪問して行う、認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」を組み込んだ『グループリハビリテーション』も実施しています。

「出張パーソナルトレーニング」については、医療資格保持者が行なっているケースが少ないのが現状です。ブリッジのトレーナーは、全員がリハビリテーションの国家資格保持者です。
解剖学、生理学、運動学などの医学理論に基づいて、安全で、かつ効果的なトレーニングをご提供することができます。また、動作観察・分析を得意とする、理学療法士が個人個人の動作の特性を見極め、的確なトレーニングやアドバイスを行います。

私自身、かねてより理学療法士としてリハビリテーションに携わる中で、「自費訪問リハビリテーション」や「出張パーソナルトレーニング」を求めるお声を、数多くいただいてまいりました。

私たちが『ブリッジ』として事業を行っていくことで、お一人でも多くの人の人生が豊かになれば、と切に思います。
現在『ブリッジ』には理学療法士(PT)が5名、言語聴覚士(ST)が2名在籍しています。
お一人おひとりの「充実した人生」に必要な手助けをさせていただく力強いパートナーとして、上質なサービスを提供いたします!
ブリッジ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

072-249-0636